男性器が小さい理由について

ペニスを太く大きくする方法!コレでギンギンにでかくなる!
増大力・勃起力・興奮力を検証

■なぜ小さい男性器の人と大きい男性器の人がいるのか?

男性器を大きくするためには、男性器が小さい原因を知る必要があります。男性器が小さい原因は以下の3つです。

●生まれつき

男性器が短小な原因の一つとして遺伝というものが考えられます。

生まれ持った体質というと身長のようにどうすることもできないと思いがちですが、全く違います。

ここで言う体質とは、生まれたときから男性器のサイズが決まっていることではありません。

男性器の大きさがそもそも決まっているのではなくて、男性器の成長に欠かせない成分が体内で不足しがちになると言うことです。

身長のように生まれもった遺伝で男性器の大きさが決まっているというわけではありません。男性器の成長に必要な成分を効率よく摂取することにより、これからいつでも男性器を成長させることができるのです。

●筋肉が不足している

下腹部の筋肉が弱い人やふとっている人は男性器が小さい傾向にあるのは、下腹部から男性器につながっている筋肉が少ないと言うことです。

男性器は、海綿体細胞という細胞が基礎となり、その周りを下腹部からつながる筋肉とお尻からつながるPC筋という筋肉が支えています。

勃起するときは、海綿体細胞が大きくなって、筋肉が緊張して大きくなった男性器を吊り上げて、力強く反り返るような勃起を実現しています。

ここの筋肉が弱いと、男性器そのものも細くなり、勃起も力強く勃たなくなります。

男性器を構成しているPC筋などの筋肉を鍛えることにより、下腹部の脂肪分を減らして、男性器をそそりたつギンギン男性器にすることができるのです。

●包茎である

包茎も男性器を小さくする原因です。包茎とは、男性器の皮(包皮)が亀頭にかぶっている状態。

小さい頃は亀頭に皮がかぶっているのが普通の状態ですが、思春期を迎えて男性器が大きくなりはじめると自然と皮がむけて、亀頭がさらけ出すようになります。

人によっては大人になっても亀頭に皮が被った包茎状態になっていることもあって、勃起したときでも皮がかぶっているということもあるのです。

仮性包茎というのは通常時は亀頭に皮が半分くらいかかっている状態です。勃起状態では完全に皮がむける状態のことをいいます。

逆に真性包茎というのは、通常時でも勃起状態でも常に亀頭に皮が被っている状態の包茎のことをいいます。

他にはカントン包茎というのもあって、皮の先端部分が細くなっていて、勃起すると亀頭を締め付けてしまう包茎のことをいいます。

上記のように包茎にはいくつも種類がありますが、どの包茎のタイプでも亀頭が皮にかぶっている状態のことをいいます。

亀頭に皮が被っている状態だと、亀頭や陰茎全体の成長を妨げてしまって、男性器増大にはマイナス要因になるのです。

包茎の男性器と正常の男性器では長さが1,2センチも違うというデータもあるくらいです。

包茎が原因で男性器が小さくなっている人は包茎をまず克服することにより男性器が大きくすることができるということです。